いくら

製造工場の目の前の日高沖で水揚げした鮭をすぐに加工するため、生きた卵の状態でタレに漬け込むことが出来ます。
生きた卵は味のしみこみが早く、漬け込み中に鮮度が落ちることもありません。
これ以上ないほど新鮮ないくらだからこそ、日高昆布醤油の繊細な旨味を生かすことが出来るのです。

公式ページで商品の詳細を見る

関連記事

  1. いかス海峡するめ

  2. ほたてスティック

  3. 森町名産のいかめし