厚沢部産のメークインを使った焼酎「喜多里」

北海道名産として名高い『メークイン(じゃがいも)』を原料とした、じゃがいも焼酎。昆布の里として親しまれている北海道南茅部産の『昆布』を原料とした、こんぶ焼酎。

北海道での育成は不可能と言われた、さつま芋『黄金千貫』をメークイン(じゃがいも)発祥の地とされる北海道厚沢部町で栽培に成功。厚沢部町の契約農家で限定生産される『黄金千貫』のみを原料とした、芋焼酎。

昨年、秋からは契約栽培農家さんのネットッワークに今金町など道南一円に拡大。『二条大麦』を使った麦焼酎喜多里も仲間入りして味わいのバリエーションもより充実。

いずれ劣らぬ味わい深い本格焼酎シリーズ「喜多里」。契約農場の皆様とともに歩むために新設された厚沢部工場の稼働も順調です。ボトルサイズのバリエーションも追加して、様々な楽しみ方にもお応えしております。

公式ページで商品の詳細を見る

関連記事

  1. 遠別の地酒「北吹雪」

  2. リキュール傳藏院蔵すもも12%

  3. みかさワイン